1. AEDトップ
  2. AEDとは

ムービーで見るAEDとは

 

AEDとは?

自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator)とは、様々な原因で心臓が痙攣を起こしている傷病者(患者)の心電図を測定・解析を行ない、必要に応じて電気ショックを与え、血液を送り出すための正常なリズムに戻すための医療機器です。電器ショックが必要とされるか否かは、AEDが心電図をみて自動的に判断します。使用者に専門的な医療知識は必須ではありません。
心肺蘇生に必要なその他の手順も音声などにより指示が出される為、心肺蘇生法について専門領域の知識がなくても利用可能なようにサポートしています。

なぜAEDが必要なの?

心臓は全身に血液を送り込むポンプの役割を果たしています。心臓が停止したら血液が送り出されなくなります。心臓が停止すると時間の経過とともに、1分間におよそ7~10%ずつ蘇生のチャンスは失われていきます。

従っていかに早く処置を開始するかが救命の鍵となります。突然心停止の主な直接原因のひとつが心室細動です。心室細動を正常な状態に戻す唯一の方法は、電気ショックにより除細動をすることであると言われています。したがって、いかに早く、確実に"除細動"をするかが重要であり、医学的知識のない一般市民の代わりに、除細動が必要な波形かどうかを判定し、必要に応じて電気ショックをするAEDが必要なのです。

時間経過による蘇生成功率の変化

除細動が必要な症状の代表例

心室細動

突然心臓がリズミカルに拍動しなくなり、心室の筋肉がばらばらに興奮している状態です。心電図上には不規則な波形がみられ、心臓はポンプとしての機能を果たすことができません。唯一の効果的な治療法は電気ショックを与え、正常な心拍を取り戻すことといわれています。残念ながら心室細動は自然に回復することはほとんどありません。

心室頻拍

心室細動同様に致死性の不整脈の一種です。心室の筋肉が非常に早いリズムで心臓を収縮させます。一分間に100回以上の拍動を3連続以上繰り返す場合を心室頻拍と呼びます。この発作がおこると、心臓はポンプとしての機能を十分に果たせなくなり、より重症な症状を引き起こします。心室頻拍は、投薬や電気刺激(ペーシング)によりとめられる場合もありますが、除細動が必要となる場合もあります。

心室細動や心室頻拍の原因は?

急性心筋梗塞は心臓に栄養や酸素を送る為の冠動脈と呼ばれる血管が、何かしらの原因によってつまってしまう病気です。冠動脈の一部がふさがると血液が流れなくなってしまう虚血状態におちいり、これに伴い心室細動など致死性不整脈が発生し突然心停止を引き起こす可能性があります。急性心筋梗塞は心臓突然死の主な原因と言われています。

肥大型心筋症や拡張型心筋症などは、ポンプとしての機能低下から、時に心室細動を起こす可能性があります。また、特徴をもった心電図をもつブルガーダ症候群などにおいては、突発的に心室細動を起こす可能性が高いと言われています。

また、胸部に衝撃が加わったことにより心臓が停止してしまう、心臓震盪なども、主に胸郭が発達していない子供の突然死の原因のひとつといわれています。

救命の連鎖

心臓突然停止からの生還には、救命の連鎖と呼ばれる一連の処置が不可欠です。AEDの使い方だけでなくCPRと呼ばれる心肺蘇生法を身につけることも重要です。また、心肺蘇生法については、お近くの各種団体が主催する講習会をうけられることをお勧めします。

救命の連鎖
このサービスに対するご質問・お問合せはこちらまで