1. AEDトップ
  2. アフターケア
  3. AED消耗品管理、メンテナンス、耐用期間について

AEDの消耗品管理、メンテナンス、耐用期間について

AEDは、お客様が装置内部を点検する管理の手間を省くために、自動セルフテスト機能を有しています。機種によって、日次、週次、月次の決まった日時に装置自体が自動的に電源を入れて、内部の電源や電気回路をチェック(診断)し、その結果をインディケータ画面に表示します。その自動セルフテストの結果をお客様に確認していただく必要があります。患者様に急遽AEDを使用した際に、消耗品の使用期限切れにより、適切な処置を施すことができないなどの状況を避けるためにも、点検担当者を置き、電極パッドやバッテリの使用期限が過ぎていないか、AED本体が使用可能な状態であることを示すOKインディケータ点灯の確認等を日常的に行うことが必要です。弊社では、お客様に管理していただく管理ラベルを各製品に同梱しております。

AEDインディケータについて

ライフパックCR Plus
ライフパックCR Plus

異常が無い場合

OKインディケータ

OKインディケータが表示されていましたら、引き続き定期的な確認をしてください。

何らかの異常があった場合の例

チャージパックインディケータ

チャージパックインディケータが表示されている場合は、チャージパック充電器の交換時期を示しています。この場合でも、緊急時は除細動器は使用できますが、早急にLPCR Plus交換用キット(11403-000001)にて、チャージパック充電器、クイックパック電極を同時に交換してください。新しく消耗品をご購入される場合は、販売店へご連絡ください。
新しいチャージパックに交換してもインディケータが消えない、或いは1年も経たずして再びチャージパックインディケータが表示された場合には、フィジオコントロール多摩サービスセンター(TEL:0120-715-540)までお問い合わせください。

注意インディケータ

注意インディケータ又は、レンチインディケータが表示されている場合は、正常な動作を妨げる問題が発生している可能性を示しています。フィジオコントロール多摩サービスセンター(TEL:0120-715-540)までお問い合わせください。

ライフパック1000
ライフパック1000

異常が無い場合

OKインディケータ

OKインディケータが表示されていましたら、異常が無く、充電量が75%を超える場合を示します。引き続き定期的な確認をしてください。

何らかの異常があった場合の例

バッテリインジケータの充電量が25%以下(メモリ 1/4)

バッテリインジケータの充電量が25%以下(メモリ 1/4)の場合、使い捨てバッテリご使用の場合は早急に新しいバッテリと交換してください。充電式バッテリをご使用の場合は、早急に充電してください。新しいバッテリをご購入される場合は、販売店へご連絡ください。

adPict09.jpg

レンチインディケータが表示されている場合は、正常な動作を妨げる問題が発生している可能性を示しています。フィジオコントロール多摩サービスセンター(TEL:0120-715-540)までお問い合わせください。

ライフパック500
ライフパック500

ライフパック500は、販売終了している製品です。販売してから期間が経っているため、設計上の耐用期間が過ぎている可能性があります。まずは、お手持ちのライフパック500本体の裏に記載されているシリアル番号をご確認のうえ、下記より耐用期間の期限をご確認ください。

耐用期間について

「耐用期間」とは医療機器が適正な使用環境と維持管理の基に、適切な取り扱いで本来の用途に使用された場合、その医療機器が設計仕様書に記された機能及び性能を維持し、使用することができる標準的な使用期限です。

「耐用期間」を超過した医療機器は仕様に記された機能及び性能を満たすことができない可能性があります。「耐用期間」を過ぎたAEDは、できるだけ速やかな更新をお勧めします。

フィジオコントロール社製AEDをお持ちの方は、下記ページより残存耐用期間の確認をお願いいたします。

交換時期表示ラベルの利用方法

弊社がご提供する交換時期表示ラベルは、ライフパックCRプラス用とライフパック500/1000用の2種類の名刺型カードになります。お客様がお持ちのAEDに該当するカードに交換時期を記入してください。交換時期を記入いただき、製品に同梱されたカードフォルダに入れ、AED本体にはボールチェーン等を利用して取り付けてください。AED収容ボックスをお持ちの場合はもう一枚カードを作成し、両面テープなどを利用して貼り付けてください。

表示事例

  • AED収容ケース表示事例
  • AED収容ケース表示事例

弊社では2通りのラベル表示方法を推奨しております。ラベル表示の目的は、お客様が消耗品交換時期を一目で確認できることを目的としております。この表示例を参考として、お客様の設置状況に見合った取り付け方法を工夫してください。

ラベルの交換時期確認

交換時期(ライフパックCRプラス交換キット)

AED使用後、又は未使用バッテリ装着から約2年(代表値)となります。※交換キットは、電極パッド2セットと交換用バッテリ1コで1セットになりますので、必ず同時に交換いただけますようお願い致します。

ライフパック500

使い捨てバッテリ未使用・装着後約4年(代表値)となります。

ライフパック1000

使い捨てバッテリ未使用・装着後約5年(代表値)

その他製品

ラベルに記載されている使用期限を記入してください。

注意事項

バッテリ寿命に関しては、使用頻度、保管環境(温度)、自動セルフテストの状況によって異なります。

 

日常点検を行うメンテナンスシートについて

AEDの設置管理責任者(AEDの設置・管理について責任を有する者)は、設置したAEDの日常点検等を実施する者として「点検担当者」を配置し、日常点検を実施することが必要です。又、日常点検の実施内容として、AED本体が正常に使用可能な状態を示しているOKインディケータを毎日確認し、その記録を保管することが必要です。日常点検を行う場合は以下のシートをご活用ください。

このサービスに対するご質問・お問合せはこちらまで