1. AEDトップ
  2. BLOG PCJ
  3. AED普及 一覧
AED普及 一覧

国民すべてがAEDを使い、突然死から命を救えるように
〜AED普及 これからの10年の目標
減らせ突然死プロジェクト事務局長 石見拓先生に聞く Vol.3
2014.07.3120140731

国民すべてがAEDを使い、突然死から命を救えるように <br />〜AED普及 これからの10年の目標<br />減らせ突然死プロジェクト事務局長 石見拓先生に聞く Vol.3

ここでは、「減らせ突然死 ~使おうAED~」プロジェクトの事務局長である石見 拓氏(京都大学 環境安全保健機構 准教授)ほか、事務局員の千田いずみ氏(京都橘大学現代ビジネス学部 助教)、島本大也氏(京都...

続きを読む

もしもの場面で「使えるか」目線での配置が
今後の課題に
減らせ突然死プロジェクト事務局長 石見拓先生に聞く Vol.2
2014.07.1520140715

もしもの場面で「使えるか」目線での配置が<br />今後の課題に<br />減らせ突然死プロジェクト事務局長 石見拓先生に聞く Vol.2

先日公開した、「AED導入10年で見えてきた現場の課題〜減らせ突然死プロジェクト事務局長 石見拓先生に聞く」でお伝えした通り、この10年でAEDは急速に普及していきました。一方、現場では「AEDの利活用...

続きを読む

AED導入10年で見えてきた現場の課題
減らせ突然死プロジェクト事務局長 石見拓先生に聞く Vol.1
2014.07.0120140701

AED導入10年で見えてきた現場の課題<br />減らせ突然死プロジェクト事務局長 石見拓先生に聞く Vol.1

日本国内で広く一般に自動体外式除細動器(AED)が使用できるようになって10年。節目の年となる今年(2014年)4月、「減らせ突然死~使おうAED~」というプロジェクトの実行委員会が設立されました。 ...

続きを読む

AED救命の第一歩は、日頃の管理・点検から2014.05.1520140515

AED救命の第一歩は、日頃の管理・点検から

予期せぬ突然の心停止。かけがえのない命を救うためには、迅速な119番通報とAEDによる早期の除細動の実施がとても重要です。2004年より、医療従事者でない一般市民にもAEDの使用が認められて以降、医療機...

続きを読む

減らせ突然死!
AED普及・啓蒙のためのビッグプロジェクトが始動
2014.04.2220140422

減らせ突然死!<br />AED普及・啓蒙のためのビッグプロジェクトが始動

日本で非医療従事者がAEDを使用できるようになってから、2014年で10年を迎えました。この10年で、AEDの設置数は順調に増え続け、現在では人口あたりのAED設置数が世界一となったそうです。...

続きを読む
8年間長期保証のLIFEPAK CR Plusの価格はこちらから
このサービスに対するご質問・お問合せはこちらまで