1. AEDトップ
  2. BLOG PCJ
  3. 9月1日の防災の日を、
    防災意識を見直すきっかけに

9月1日の防災の日を、
防災意識を見直すきっかけに2018.08.31

過去の教訓を未来に活かすために

9月1日の防災の日を、<br>防災意識を見直すきっかけに

1923年9月1日に発生し、10万人以上の死者・行方不明者を出した関東大震災から約100年が経とうとしています。同震災は、特に火災が甚大な被害をもたらし、約46時間にわたり延焼し続け、当時の浅草地区では96%、日本橋区では100%が焼失してしまったそうです。
そのときの教訓を活かすべく、防災・減災に向けたまちづくりから日々の防災対策に至るまで、さまざまな取り組みが行われてきました。
地震だけに限らず、台風・高潮・津波などを含めた災害について認識と心構えを深めるため、毎年9月1日を防災の日、8月30日から9月5日までの一週間を防災週間として定め、全国各地でその普及・促進のためのイベントが執り行われています。

防災週間に、AEDなどを点検してみましょう

9月1日の防災の日を、<br>防災意識を見直すきっかけに

今年も、防災の日および防災週間の期間中には、全国各地で多くのイベントが予定されています。
この6月に最大震度6弱の地震による被害があった大阪府では9月5日に今年で第7回目となる「大阪880万人訓練」と銘打ったイベントを開催。学校や企業で避難訓練が実施されるほか、午前11時過ぎには、地域内の携帯電話に「エリアメール/緊急速報メール」が届き、防災意識を喚起します。
この他にも、全国の自治体や各地域にて、応急救護体験や消火体験などができるイベントが行われます。
日々の暮らしの中で薄れがちな防災意識を見直すため、友人や家族とこれらのイベントに参加してみるのはいかがでしょうか?
また、この防災週間を良い機会として、AEDや非常用袋などの管理を行う人は、耐用期間などのチェックするようにしてみましょう。

参考:
「防災の日」及び「防災週間」について(内閣府 防災情報ページ)
http://www.bousai.go.jp/kyoiku/week/bousaiweek.html

1923 関東大震災【第2編】(内閣府 防災情報ページ)
http://www.bousai.go.jp/kyoiku/kyokun/kyoukunnokeishou/rep/1923_kanto_daishinsai_2/index.html

平成30年9月5日 第7回大阪880万人訓練 (大阪府)
http://www.city.osaka.lg.jp/kikikanrishitsu/page/0000434743.html