1. AEDトップ
  2. BLOG PCJ
  3. 年に一度、 改めて救急・防災について考える日を

年に一度、 改めて救急・防災について考える日を2014.08.29

9月7日(日)救急の日イベント開催

年に一度、 改めて救急・防災について考える日を

来たる9月9日(火)は救急の日です。
救急の日を翌々日に控えた9月7日(日)には、お台場アクアシティ3Fアクアアリーナにて「救急の日2014」と名付けたイベントが開催されます。
救急の日は、救急医療に対しての理解を深め、救急・防災に関する意識を高めることを目的に、昭和57年に制定されました。
以来、毎年9月9日を含めた救急医療週間(2014年度は9月7日~15日)には、全国各地で救急手当の講習会などの救急医療に関するさまざまなイベントが実施されています。
「救急の日2014」のイベントは、昼夜を問わず救急・災害の現場で活躍している救急隊員などの医療関係者やボランティアの活動を広く紹介することも目的にしています。
イベント内でも救急隊員による模擬救援活動の披露や「減らせ突然死 〜使おうAED〜」プロジェクト普及啓発事業の紹介などが行われます。
あまり馴染みのない救急隊員の働きぶりを見たり、AEDの知識や情報を得たりするにはとても良い機会です。
普段の生活で突然起こる予想もしていないアクシデントに備えて、救急の日に救急・防災について、改めてご家族で話し合ってみるのはいかがでしょうか。

vol34_2.jpg

 

「救急の日2014」イベント概要
■期日 2014年9月7日(日)11:00〜18:00
■場所 お台場アクアシティ3F「アクアアリーナ」
■主催 厚生労働省、消防庁、一般社団法人 日本救急医学学会、一般財団法人 日本救急医療財団