1. AEDトップ
  2. BLOG PCJ
  3. 「心臓発作」と「心停止」
    その違いは?また、それぞれの対処法は?

「心臓発作」と「心停止」
その違いは?また、それぞれの対処法は?2018.01.31

「心臓発作」と「心停止」はどんな状態を指すのか?

「心臓発作」と「心停止」 <br>その違いは?また、それぞれの対処法は?

もしも、あなたの目の前で、胸のあたりを抑えて痛みを訴えたり、顔色が蒼白く冷や汗をかいていたりした人を見かけたらどうしますか?又は、なんの予兆もなく突然バタリと倒れてあえぐような呼吸をしている人がいたらどんな行動をおこしますか?

私たちがよく耳にする「心臓発作」や「心停止」という言葉は、医療に携わっていない人にとっては同義として使用されていることが少なくありません。今回は、その違いについて少し触れてみたいと思います。

「心臓発作」とは、心臓を動かすための筋肉(心筋)に酸素を供給する血管(冠動脈)の血流が悪化することや、冠動脈自体が詰まってしまい心筋が壊死してしまうことが原因で、全身に血液を送り出す心筋の異常が生じている状態をいいます。発作時は、胸や肩、ないしは顎のあたりの強い痛みとともに、顔色が蒼白になり、唇・皮膚なども青黒く、冷や汗が出る場合もあります。さらには重篤化すると、呼吸困難に陥ることもあり、ただちに専門病院で受診する事が重要な事に加えて、意識喪失の際には直ちに一次救命処置を施すことが必要です。
http://www.jrc.or.jp/activity/study/safety/heart/index.html(日本赤十字社HP 参照)

「心停止」とは、外的、内的な理由で心臓が行っている全身へ血液を送り出すポンプ機能(心臓のリズムを司る電気的活動)が停止する状態のことをいいます。突然の「心停止」の主たるものとして心室細動(心室が小刻みに震えて痙攣している状態)がありますが、数秒で意識や呼吸がなくなって倒れてしまいます。目撃した際には、直ちに周りに助けを求めAEDを使って心臓を正常なリズムに戻してあげることが必要です。
http://www.heart.org/HEARTORG/Conditions/More/CardiacArrest/About-Cardiac-Arrest_UCM_307905_Article.jsp#.Wm26v65l_Dc(アメリカ心臓協会HP 参照)

バイスタンダーが実施することは変わらない

「心臓発作」と「心停止」 <br>その違いは?また、それぞれの対処法は?

バイスタンダー(現場に居合わせた救助者)が、胸痛を訴えて倒れ込んでいる人、意識を失って倒れた人の心臓の状態をその場で正確に把握することは不可能で、又、その必要性もありません。最も大切なのは、勇気を出して目の前で倒れている人に声を出して呼びかけ、その反応の有無に応じて、直ちに周りに助けを求め、医療の専門家に迅速に繋ぐ事です。全く反応が無ければ、すぐに119番通報とAEDを手配し、ただちに一時救命処置(AED装着)をすることが重要です。
AEDを装着すれば電気ショックが必要かどうかを自動で診断してくれますので、音声の指示に従って心肺蘇生を実施できます。「119番とAEDの手配」。そして、「AED到着後は速やかに装着して音声ガイドの指示に従う」と覚えておけば、いざという時に落ち着いて行動する事ができます。たとえ、完璧でなくても、その場で自分ができる最大限の事を実施することがとても重要と言われています。
http://osakalifesupport.jp/push/call.html(NPO法人大阪ライフサポート協会:Call & PUSHより)