8年という長い耐用年数でフルカバー!AEDを選ぶならLIFEPAK CR Plus パンフレットのダウンロードはこちら
ライフパック購入のお問い合わせはこちら ライフパック購入のお問い合わせはこちら

身近な人を守るためにあなたの街にAED設置を

AEDのパイオニア日本の製品ラインナップからライフパック製品をご紹介!

なぜAEDが必要?身近な人を守るには身近な所にAEDが必要です

日本では年々増えている心臓疾患による突然死が他の突然死に比べ、2番目に多い死因となります。年間約6万人(1日150人強程度)が心室細動(心臓が痙攣し停止する不整脈)による突然心停止で死亡しています。これは交通事故による死亡者の10倍にも及びます。「突然死」を防ぐために

心室細動からの復帰にはAEDが不可欠です

AEDとは、心室細動(心臓が痙攣し血液を循環できない状態)の心臓に
電気ショックを与えることにより、正常な心臓の働きを取り戻すための機器です。

心室細動を正常な状態に戻す唯一の方法は、電気ショックにより
心臓の働きを取り戻す“除細動”をすることであると言われています。

心臓が停止すると時間の経過とともに、
1分間におよそ7~10%ずつ蘇生のチャンスが失われていきます。

また、酸素や栄養を運ぶポンプの働きをしている心臓が停止した状態が続くと
4分以内に脳に障害が発生し、社会復帰しても障害が残る可能性があります。

いかに早く確実に、心臓の働きを取り戻す“除細動”が重要であり、
医学的知識のない一般市民の代わりに、電気ショックが必要な
心臓の動き(波形)かどうかを判定し、必要に応じて電気ショックをする
AEDが必要なのです。

119番通報で救急隊の現場到着時間が平均7分であるため、3分以内にAEDによる電気ショックを行える環境をつくることが重要となります。

既にAEDは街の至る所に設置されてます

日本や世界でAEDの導入は標準となりつつあります。
ライフパック購入のお問い合わせはこちら ライフパック購入のお問い合わせはこちら

医師や救急救命士ではない、一般市民がAEDを扱える事が人の命を救います

AEDの電源を入れると音声が流れ、音声の指示にしたがって電極パッドを患者に貼り付けたり、電気ショックのボタンを押すなど2~3の操作のみです。

また、電極パッドを貼るところを分かりやすくするため、電極パッドにイラストを書いて説明しており、医療知識や複雑な操作なしにAEDを使う事ができます。

 ライフパック製品のご紹介

ライフパックCR-Plus

シンプルな操作性 消耗品交換メンテナンスの簡便性を追及した
USPの説明はこちら
  • 電源ON/電極パッドの貼付け/電気ショックボタンを押すシンプルな3ステップ
  • 日常のメンテナンスは取っ手近くの液晶画面(インディケータ)と電極パッドの使用期限を確認するだけ!
  • 一回使用後または使用期限切れの前に成人用電極パッドとバッテリーを同時交換するだけのシンプルな消耗品マネジメント!

ライフパック1000

過酷な使用環境にも耐えうる心電図表示機能付き
USPの説明はこちら
  • IP55耐防水・防塵、耐衝撃機能による高い堅牢性
  • 心電図表示・音声ガイダンスに合わせたアニメーションと文字を表示する大画面
  • 各メディカルコントロールの運用に合わせた柔軟なガイダンス設定が可能
8年という長い耐用年数でフルカバー!AEDを選ぶならLIFEPAK CR Plus パンフレットのダウンロードはこちら

 ライフパック製品の導入事例

東九州短期大学様

東九州短期大学様

東九州短期大学では近年、通院を必要とする疾病を抱える学生数の増加に伴い、学生支援センターで入学時の学生の既往歴の実情把握を徹底するようにしていますが、心臓病等を持つ学生の授業や課外活動での運動方法については常に頭を悩ませていらっしゃいました。

私どもの同学園所属東九州龍谷高校へのAEDの導入を契機として、学生や教職員の突然の心停止に対処するために、2007年10月3日にAED自動体外式除細動器(米国フィジオコントロール社製ライフパックCR Plus)を保健室前に1台設置されました。

洛陽総合高等学校

洛陽総合高等学校

洛陽総合高等学校は、運動部の活動が盛んであるため、AEDを導入する以前から運動部の生徒に一次救命の講習を義務づけるなど、古くから救急救命への意識を強く抱いておりました。さらに、手間やコストより環境づくりに優先して取り組む伝統があったため「生徒の安全、地域の安心になるのであれば」との考えから、2004年に医療従事者以外のAED使用が認可されると間もなく機器を導入。耐用期間の終了後のタイミングで、2013年より米国フィジオコントロール社製ライフパックCR Plusに更新しました。
AEDを使った心肺蘇生法をどう校内で周知し、正しく使える人を増やしていくかという課題にも取り組んでおり、年間の授業計画にAEDの使用と一次救命処置の授業を実施しております。

AEDに関するよくあるご質問

どこで買えるの?
全国の弊社販売代理店でお買い求めいただけます。販売代理店が不明な場合は、こちら(お問い合わせ)をクリックしてお問い合わせください。
価格は?
ライフパックCR Plusの希望小売価格は285,000円(税抜)です。オプションや消耗品もございますので、詳しくは各販売代理店へお問い合わせください。販売代理店が不明な場合は、こちら(お問い合わせ)をクリックしてお問い合わせください。
ほんとに誰でも使えるの?
2004年7月の厚生労働省医政局通知により、非医療従事者である一般市民が救命の現場でAEDを使用することは、医師法第17条には違反しないとされたことから、市民の方も使用できるようになりました。
講習とかは必要無いの?
AEDの操作は簡単で、音声ガイドに従うだけで使用できますが、救命の為には胸骨圧迫心臓マッサージなどの心肺蘇生法が欠かせません。この為、是非心肺蘇生法の講習を受講されることをおすすめします。講習会は、全国各地の消防署(一般向け)および日本赤十字社(医療関係者向け)などにて行っております。また、装置をご購入いただいた際には営業担当者から装置の取り扱い説明をさせていただきますので、その際に簡単な救命処置についてご説明しております。
AEDは何年使えるの?
製造後の耐用年数は8年間とさせて頂いております。
AEDの保証期間は?
メーカー保証期間は通常5年です。尚、ライフパックCR Plusは無料の会員制Web情報サービスにご登録いただくことにより、保証期間を5年から8年に延長しております。
建物のどの辺りに置くと良いの?
たくさんの人がAEDの設置場所を把握でき、AEDを使う可能性がある場所から取りに行きやすく、目立ちやすい場所にAED設置することをおすすめします。
リース・レンタルはできるの?
詳しくは、こちら(お問い合わせ)をクリックしてお問い合わせください。
維持費はどれくらい?
ライフパックCR Plusの消耗品は、成人用電極パッド×2組とバッテリー×1つがセットになっている交換用キットで希望小売価格は18,000円(税抜)です。本体ご購入時に交換用キットは付属品として同梱されており、目安の寿命は約2年となります。8年間未使用時における消耗品のコストは3回購入分の54,000円(税抜)となります。
メンテナンスは大変?
ライフパックCR Plusのメンテナンスはシンプルです。日常のメンテナンスは、インディケーターのOKマークを確認するのみです。消耗品には有効期限がありますので、パッケージに表示された有効期限以内に交換する事が必要です。

ライフパックの簡単メンテナンス

AEDは、お客様が装置内部を点検する管理の手間を省くために、自動セルフテスト機能を有しています。

インディケータの確認

フィジオコントロールのAEDは本体に異常がないか調べる自動セルフテスト機能があります。内部の電源や電気回路をチェックし、その結果を画面(インディケータ)にマークで表示します。

インディケータの確認

有効期限の確認

電極パッドの有効期限が過ぎていないか確認するだけです。

販売名:ライフパックCR Plus
医療機器承認番号:21700BZY00251000
高度管理医療機器/特定保守管理医療機器

有効期限の確認
ライフパック購入のお問い合わせはこちら ライフパック購入のお問い合わせはこちら